10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

貴船へ

2008/07/11
ヒーリングルーム・ラピスの吉田先生と貴船へ行ってまいりました

行くのは今回が初めてです。


吉田先生とどこかへお出かけするときは、いつも

2人ともその土地の歴史や名物などはほとんど下調べせずに、

「とりあえず目的地につけばいっか~」って感じで、適当にぶらりと行きます


最近思うに、ガイド本の写真や解説を一生懸命読んでから行くと

どうしても

「ここはこれが有名だから、見ておかないと 」 

とか、

「ここはこれが名物だから、食べとかないと 

といった具合に、ついつい前情報で得た先入観が入り、自分にノルマを課してしまうので

なんとなく、おもしろくなくって、、、、



ぶらりと行った先で、

目に飛び込んできた風景や、音、場の空気・・・に、何を感じるか。

そして、一緒に行った人と、何かひとつでも共感できることがあれば

それは素晴らしいことで、とっても価値のある事だと思うんですよね~ 



・・・って、なかなか、かっこいい事を書いてしまいましたが・・・


本当は、いちいち前もって調べるのがメンドくさいだけで~す



というわけで、貴船神社が和泉式部ゆかりの地などとは、ちっとも知らず

しかも、縁結びの神様だとも、ちっとも知らず

「和泉式部って、、なんでしたっけ?」

「そんな人いましたよねえ。」

などと、アホな会話(吉田先生、すみません!!)をしながら、ぶらぶら散策します。


(家に帰ってから、和泉式部って、調べてみると、

あらあら~とっても恋多き女性なのですね

なかなかやるわね、和泉さん!!

素晴らしい文芸は、ステキな恋愛から生まれるんですねえ。)


で、水占い

水占い


水に浮かべると文字が浮き出てくるという、おもしろいおみくじでございます。

浮き出てくるまでの、わくわく感がいいですね。

末吉でした。

わくわくして引いた割には、小粒なのを引いてしまったような

「末吉」がどれくらいラッキーなのかはよくわかりませんが、、、

(てか、、、『末』だし、実はけっこうアンラッキーなのかもしれません・・・)

現代っぽく言い換えると、

「プチ吉」

ってところなんでしょうか??

「障りあり」やら、「障りなし」やら、

いろいろ書いてあったような気がしますが、

結んで立ち去った瞬間から、おみくじの内容をほとんど覚えていません。


神様からのメッセージを一瞬で忘れ去る、

この記憶力の悪さよ・・・・・・パタパタ



そして、床料理

床


川のせせらぎを聞きながら、のんびり涼しく過ごすひと時は

まさしく、自然の癒しそのものでした。

川



山科からだと、貴船まで電車で1時間もかからなかったでしょうか。

心も身体もすっかり美しい清流に浄化されて、スッキリ!の、1日でした。

やっぱり京都は、奥が深いですね。


心のデトックスをしてみたい方、ぜひ貴船へどうぞ~♪


スポンサーサイト
16:35 お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。